ネットショップ経営の売り上げを増やす考え方

ネットショップ経営の売り上げを増やす考え方

おすすめのネットショップ開業ASPサービス



カラーミーショップ



カラーミーショップ

初心者が初めてのネットショップ開業なら間違いなくココ。30日間の無料お試し期間が付きで月額900円~。将来本格的にネットショップを運営する場合でも十分対応できます。コストパフォーマンスNo.1


ショップサーブ


ショップサーブ

最初から本格的に開業したいならココ。一見すると費用が高く感じますが、実はネットショップに必要な機能が標準装備。本気のネットショップ開業にオススメします。必要なことが全て揃っているサービスNo.1


MakeShop



MakeShop

超高機能でサポートもバッチリ。SEO対策が簡単にできて集客力も最高レベル。15日間の無料お試し期間あり。Yahoo!ショッピングや価格.comなどの大手サイトにも無料で商品掲載可能。安心度No.1

ネットショップの売り上げを伸ばす考え方

ネットショップを既に運営されているオーナーさん向けの記事になりますが、これから開業を考えている方にも知っておいてほしい内容です。

ネットショップの売り上げ状況はいかがでしょうか。上手くいって儲けているならそのやり方や考え方で間違っていないと思われます。

しかし中にはなかなか売り上げが思うように上がらないオーナーさんもいるのではないでしょうか。今回は単純ながらも重要な考え方をお伝えいたします。

ネットショップの売り上げは、単純に売れた金額や個数だけではなく下記のような考え方が必要です。

ネットショップの売り上げ=アクセス数×成約率×注文単価

ネットショップの売り上げはこの式で成り立っています。

仮に1日500アクセスあって、成約率が2%、注文単価が3,000円の場合は、1日の売り上げは30,000円になります(500PV×2%×3,000円=30,000円)。

これを見てわかるように、ネットショップの売り上げを伸ばすには3つうちのどれかを上げたら劇的に変わってきます。

例えば先ほどのネットショップでアクセス数が2,000PVになったら、計算上の売り上げは1日12万円にもなりますね(2,000PV×2%×3,000円=120,000円)。

それでは具体的にどうすれば良いのかを考えてみましょう。

Sponsored Link

ここを改善すればネットショップの売り上げは飛躍的に伸びる

それでは、アクセス数成約率注文単価のそれぞれについて、どうやったら伸ばすことができるかを考えてみましょう。

ネットショップのアクセス数(PV数)を伸ばす

ネットショップ自体のSEO効果を上げることです。ネットショップのお客様は、グーグルやYahoo!などの検索エンジンから来られる方が非常に多いので、同業の他店よりもできるだけ検索上位にすることでPV数が増えることになります。ネットショップでできるSEO対策の詳細は下記の参考記事をご覧ください。

参考記事:ネットショップSEO対策の基本

参考記事:簡単にできるネットショップのSEO対策

また、有料になりますがリスティング広告(PPC広告)を活用してみるのも効果があります。無駄な出費を防ぐために、「毎月◯◯円は広告費」として使うと決めておくと良いですね。

毎月1万円や2万円を広告費に使うのは抵抗がありますが、リアルな店舗であれば新聞広告や雑誌などに数十万円単位で支払うこともあるので、ここはケチらずに知名度を上げるためと割りきって利用したいところです。リスティング広告は、特にネットショップを立ち上げたばかりの頃は効果があります。

参考記事:検索エンジンにネットショップの広告を出す

メルマガやショップブログを書く余裕があるなら是非やった方がいいですよ。ブログ記事をUPしたときや、メルマガを発行したときはアクセス数がグンと増えます。リピーターさんを大切にするという意味でもブログやメルマガは効果があります。

参考記事:ショップブログを活用する(書き方)

参考記事:ネットショップのメルマガを発行してみる

ネットショップの成約率を伸ばす

せっかくアクセス数が増えても成約率が低いと売り上げはなかなか上がりません。お客様が利用しやすくて安心できるネットショップを追求する必要があります。

初めてのネットショップで買い物をするときは、運営会社がしっかりとしているかをまずは確認されます(大手モール以外の場合)。特商法の表記にしっかりと運営会社(運営者)や住所、電話番号を記載しましょう。

次にネットショップで購入した代金の支払い手段をできるだけ増やしましょう。「代引きなら買ったのにな」「カードが使えないんじゃ買わない」など、希望する決済手段が無いことで離脱していくお客様は多くいます。

カラーミーショップなどのネットショップ開業ASPを利用した場合は、提携の決済手段が数多くあります。「この決済手段を選ぶと月数千円の手数料がかかるからやめよう」ではなく、可能な限り増やした方が成約率は上がります。

例えば電話での注文を受け付けるということも1つの武器になります。電話注文を受け付けているネットショップはかなり少ないので、同業他店より一歩でも前に出たい場合は検討してみましょう。

参考記事:ネットショップなのに電話注文にも対応する

また、商品説明もできるだけ詳細まで書きましょう。商品名と画像と簡単な説明だけが表示してあるようなネットショップをたまに見かけますが、とても買う気にはならないですよね。

たまにキャンペーン企画をやってみることも成約率の向上に繋がります。

参考記事:ネットショップでプレゼントキャンペーンを企画

リピーターのお客様なら注文することを躊躇することはありませんが、初めてネットショップに来ていただいたお客様は「最初の1回目」の注文をいただけるかどうかがかなり重要です。「最初の1回目」のハードルを低くするために、例えば「初回お試しセット」などを用意してみるのも効果があります。

参考記事:初回お試しセットを作ってみる

このように、ネットショップの成約率を上げる方法はいくらでもあります。ただし全てのネットショップに効果があるわけではないので、ご自身が運営しているネットショップに合った方法を選んで試してみてください。

ネットショップの注文単価を伸ばす

注文単価を伸ばすには2つの方法があります。1つ目は「購入する商品数を増やす」、2つ目は「商品自体の単価を上げる」ことです。

購入していただく商品数を増やすためには、お目当ての商品以外にも何か買ってもらうことです。これには様々な方法が考えられます。

マクドナルドでハンバーガーとコーラを注文したら、「一緒にポテトはいかがですか?」「チキンナゲットはいかがですか?」という販売手法が代表的ですね。

商品説明の欄に関連商品を記載してみるとか、送料無料のボーダーライン(例:10,000円以上送料無料)を作るとか、様々な手法がありますね。

商品自体の単価を上げる方法としては、他店とは競合しにくい商材を扱うことです。特にAmazonや楽天などにも同じ商品が販売されていると、価格面でも信頼面でも勝てません。結局大手モールよりもかなり安く販売しないと売れなくなってしまいます。

大手モールと商品が被ってはいけないというわけではありませんが、一部の商材だけでも「うちのネットショップにしか無い商品」を扱えたら強みになります。

アクセス数、成約率、注文単価のそれぞれを頑張ると・・・

現状のネットショップが、

アクセス数1日500PV×成約率2%×注文単価3,000円=1日売り上げ30,000円

のときに、アクセス数、成約率、注文単価のそれぞれを頑張って2倍にできた場合、

アクセス数1日1,000PV×成約率4%×注文単価6,000円=1日売り上げ240,000円

になります。なんと8倍も売り上げUPですね。

もちろんこんなに上手くいくことは稀ですが、それぞれの項目をちょっとずつ対策していくことで飛躍的に売り上げが増えることはおわかりになると思います。

Sponsored Link

この記事のライター:苦労して学ぶネットショップ開業運営:管理人

「せっかくネットショップを開業したのに売れない」とグチを言っても売り上げは増えません。同じジャンルではなくてもいいので、売れているネットショップを研究すると自分のショップとの違いが見えてきますよ。

苦労して学ぶネットショップ開業運営:管理人の記事はこちら