ネットショップで売れていない商品の名前を変えてみる

ネットショップで売れていない商品の名前を変えてみる

おすすめのネットショップ開業ASPサービス

カラーミーショップ



カラーミーショップ

初心者が初めてのネットショップ開業なら間違いなくココ。30日間の無料お試し期間が付きで月額900円~。将来本格的にネットショップを運営する場合でも十分対応できます。コストパフォーマンスNo.1

ショップサーブ


ショップサーブ

最初から本格的に開業したいならココ。一見すると費用が高く感じますが、実はネットショップに必要な機能が標準装備。本気のネットショップ開業にオススメします。必要なことが全て揃っているサービスNo.1

MakeShop



MakeShop

超高機能でサポートもバッチリ。SEO対策が簡単にできて集客力も最高レベル。15日間の無料お試し期間あり。Yahoo!ショッピングや価格.comなどの大手サイトにも無料で商品掲載可能。安心度No.1

ネットショップで販売する商品の名前は重要です

売り上げに影響する商品名を変更するには

どんなに優れた商品であっても、ネットショップに掲載している商品名がイマイチだと消費者の購入意欲を引き出すことができません。大手メーカーでは専門部隊を動員して商品名を決定します。それだけ商品名によって売り上げ高が左右されるからです。

一般に広く知られているような商品のネーミングを変更することは難しいようです。商標登録されている商品名を、勝手に変えて販売したら法的問題で訴えられるかもしれません。

それに誰でも知っているような商品名であれば、わざわざ別のネーミングに変えなくても売れるはずです。むしろネーミングを変えたら売れなくなる可能性があります。

ネーミングを変更することで売り上げに大きく影響する可能性があるものが、無名メーカーの商品やオリジナル商品を展開している小規模メーカー品です。このようなメーカーが製造した商品は、品質が優れていても的外れなネーミングで損をしていることがよくあります。

中には商品名の記載がなく、販売者や卸問屋にネーミング付けを任せているメーカーがあるほどです。ネットショップでオリジナリティーあふれる商品展開をすると、無名メーカー品やオリジナル商品を扱うことが多くなるので、売れるネーミングを付けるセンスが経営者に求められます。

Sponsored Link

ネットショップの商品は商品名とキャッチコピーで勝負

ネーミングは購入者の心理を考えて変更する

ネットショップではお客様が商品を手にして選ぶことができません。そのため商品画像商品名の良し悪しが、購入意欲を決定する大きな要素になります。

一流メーカーが考案した「売れるネーミング」であればなんら問題ありません。しかし商品の良さを台無しにしてしまうようなネーミングが付いていたら、お客様が買いたくなるようなネーミングに変えてしまったほうが賢明です。

ネットショップが実店舗と大きく違う点が最安値検索です。もしあなたのショップで気に入った商品が見つかったとしても商品名を検索するだけで他の最安値ショップが簡単に見つかります。他店と同じ商品名で販売していたら価格の安さでなければ勝負できません。

でも他店とは違うネーミングを付けておけばネット検索でも引っかからず、あなたのネットショップで購入する確率が高くなります。これはネーミング全体だけでなく、品番の変更でも効果があると知っておきましょう。

また、それにともなって「検索されやすい商品名」を意識するとより効果が期待できます。

商品名ひとつでオリジナル商品展開ができる

NETSEAやAlIbabaなどで仕入れた商品には商品名や品番、バーコードが付いていないことがあります。このような商品なら売れるネーミングを付けることで、ショップオリジナル商品として販売することができます。もちろん販売価格も自由に決められるので、利益率のコントロールも思うがままです。

ネットショップを調べてみると、商品自体は同じなのに商品名や価格が違うものが結構出回っています。しかし売れる・売れないの差が出ています。同じ商品なのに売れ行きの差があるのは、商品名の付け方に原因があるようです。

商品のキャッチコピーを付けると効果的

ネットショップで販売する商品は、オリジナリティのある商品名や、検索されやすい商品名が重要なことは上でも書きました。それらに加えて「キャッチコピー」を付けるとより効果的です。

例えばこの商品


※クリックでネットショップに飛びます

ネットショップに掲載している商品名は、

「オフィスチェア オフィス チェア パソコンチェア オフィスチェア パソコンチェアー オフィスチェアー オフィスチェア OAチェア デスクチェア オフィスチェア ワークチェア チェア チェアー イス いす 」

このような感じで、ただただ検索を意識した名前ですが、キャッチコピーが「勝ちたきゃ、座れ!」「常勝、社長椅子。」となっておりとても印象的です。

普通に見えるオフィスチェアが、キャッチコピーのおかげで一気にそれらしくなって購買意欲を刺激します。実際に楽天ではロングセラー商品になっているようです。

大手モールに出店する予定が無い人でも、楽天やヤフーショッピングなどに出店しているネットショップの商品名やキャッチコピーを参考にするとヒントが得られますよ。

Sponsored Link

この記事のライター:ネットショップ立ち上げ経験豊富:nao

売れるネットショップの店名【お店の名前の決め方】:参照記事にも書いてありますがネットショップで売り上げを左右する大切な要素が『ネットショップの名前』と『商品名』です。ショップの名前は一度決めたらなかなか変更することが難しいですが、売れない商品名は変更することに問題がなかったら変えてしまいましょう。

ネットショップ立ち上げ経験豊富:naoさんの記事はこちら