ネットショップで儲けたいなら仕入れ先と仲良くする

ネットショップで儲けたいなら仕入れ先と仲良くする

おすすめのネットショップ開業ASPサービス



カラーミーショップ



カラーミーショップ

初心者が初めてのネットショップ開業なら間違いなくココ。30日間の無料お試し期間が付きで月額900円~。将来本格的にネットショップを運営する場合でも十分対応できます。コストパフォーマンスNo.1


ショップサーブ


ショップサーブ

最初から本格的に開業したいならココ。一見すると費用が高く感じますが、実はネットショップに必要な機能が標準装備。本気のネットショップ開業にオススメします。必要なことが全て揃っているサービスNo.1


MakeShop



MakeShop

超高機能でサポートもバッチリ。SEO対策が簡単にできて集客力も最高レベル。15日間の無料お試し期間あり。Yahoo!ショッピングや価格.comなどの大手サイトにも無料で商品掲載可能。安心度No.1

ネットショップ経営の重要なポイント「仕入先との関係」

仕入れ先から気に入られた存在になる

ネットショップ経営は物を仕入れて売ることです。初めて商売に携わる人は、販売のことは勉強できても仕入れを学ぶ方法が見つからないかもしれません。

ところが儲かるネットショップ経営のポイントは仕入れ【参照記事】にも書いてあるように、ネットショップ運営で重要なことは『仕入れ』です。

今は仕入れもインターネットで簡単にできる時代です。しかし長期間に渡って安定した仕入れを実現するなら、メーカーや問屋から気に入られた存在になるべきです。

ネットショップ経営者が仕入れ先と仲良くする方法

インターネット全盛の現代でも、昔からある対面式の仕入れ方法はなくなりません。どんな相手か分からないインターネット取り引きよりも、実際に顔を合わせて取り引きをする対面式のほうがお互いの信頼や安心感を得ることができます。人間関係を良好に保てる人は、商売を成功させる可能性が高いといえます。

同じ仕入れ先を継続して利用する人

相手も商売なので、突然やってきてドカッと買い占める客より、毎月安定した売り上げを実現する客のほうが好まれます。もちろんドカ買いする客もお金と物を動かすので歓迎ですが、企業にとってコンスタントに買ってくれる客のほうが、先の見通しが立つのでありがたい存在になります。

常識をわきまえている人

自分が客の立場になると、とたんに高飛車な態度にでる人がいます。しかし売るほうも人間です。客だからと横柄な態度をとられたら、気分が悪くなるのは当然です。

業界のルールを守らない、言葉使いが乱暴、カジュアルすぎる服装など、およそビジネスに不釣り合いな態度を見せていれば、商売以前に人間性を疑われてしまいます。

常識を守り、会社の売り上げに貢献してくれる客なら、価格交渉の提示にも応じてあげようという気持ちになるはずです。

Sponsored Link

ネットショップ運営者もビジネスマン(ウーマン)

最終的に問われるのが良好な人間関係の構築

商売の基本は人間関係です。仕入れ先とうまくやるにも人間関係を良好に保つ必要があります。特に利害関係が絡む商売上の人間関係はシビアです。そのことを知らずにビジネスの現場に飛び込んでも、軽くあしらわれるだけですね。

商売上手になりたければ優れた営業マンを目指しましょう。どんなに性格が悪くても、ビジネス上のイロハをわきまえていれば優秀なビジネスマンになれます。

私の知り合いに、ある業界の最大手通販ショップ経営者がいます。元々は問屋の営業マンとして活躍していましたが、その業界でタブー視されていたメーカー直接取り引きを実現して、瞬く間に最大手通販ショップに成長させてしまいました。

彼が成功した理由は、取り引き先から好かれる術を知っていることです。とにかく交渉上手で、相手の気を引くのがうまい。

インターネットを駆使した通販ショップで大成功を納めた彼ですが、もっとも重視しているのは仕入れ先であるメーカー担当者との人間関係です。

ネットショップ経営で成功する秘訣は、仕入れ先との人間関係にあるようです。

Sponsored Link

この記事のライター:ネットショップ立ち上げ経験豊富:nao

仕入れ先と良好な関係を築いていれば、一見さんでは得られない情報入手や仕入れ価格の実現など、なにかと有利なビジネス展開を進められます。これから先、どんなにインターネットが発展してもロボットや人工知能を相手にしないかぎり、人間関係の重要さは不変のまま変わらないでしょう。

ネットショップ立ち上げ経験豊富:naoさんの記事はこちら