枠にとらわれない仕入れの方法・やり方【ネットショップ】

枠にとらわれない仕入れの方法・やり方【ネットショップ】

おすすめのネットショップ開業ASPサービス



カラーミーショップ



カラーミーショップ

初心者が初めてのネットショップ開業なら間違いなくココ。30日間の無料お試し期間が付きで月額900円~。将来本格的にネットショップを運営する場合でも十分対応できます。コストパフォーマンスNo.1


ショップサーブ


ショップサーブ

最初から本格的に開業したいならココ。一見すると費用が高く感じますが、実はネットショップに必要な機能が標準装備。本気のネットショップ開業にオススメします。必要なことが全て揃っているサービスNo.1


MakeShop



MakeShop

超高機能でサポートもバッチリ。SEO対策が簡単にできて集客力も最高レベル。15日間の無料お試し期間あり。Yahoo!ショッピングや価格.comなどの大手サイトにも無料で商品掲載可能。安心度No.1

卸業者からの買取だけがネットショップの仕入れではない

ネットショップで販売する商品の仕入れ先を探すの記事にも書いてありますが、ネットショップを経営するにあたって商品の仕入れ先確保は必須条件です。

通常、商品の仕入れというと製造メーカーや問屋から商品を現金で買取、在庫を持ちながら商品を販売していく方法が一般的です。ところが在庫を持たずに仕入れをする方法や、価格差に注目して利益を得る方法があります。

委託販売

製造元や販売元、問屋などから預かった商品をショップに並べておき、売れたときに販売手数料をもらうのが委託販売です。

ショップ側から見ると仕入れ代金を支払う必要がなく、売れたら販売手数料が発生するやり方なので、商品を売りたい人(業者)に対して販売の場を提供している感じになります。

ネットショップでは委託販売システムを採用することはあまりないかもしれませんが、仲間が手作りした作品を買取らずに預かっておき、自分のネットショップで委託販売している例などがあります。

消化仕入れ

製造元や販売元、問屋などから預かった商品をショップに並べておき、売れたときに仕入れ代金を支払う方法が消化仕入れです。 委託販売と似ていますが、仕入れをせずに販売手数料をもらうのが委託販売で、販売をして利益を得るのが消化仕入れです。

消化仕入れで預かった商品は一定期間経過後や売れないと判断した時点で返品することができます。いつまでも売れる見込みのない商品を在庫しておくわけにはいかないからです。

そのため消化仕入れは預かった商品が売れれば利益が発生し、売れる見込みがなければ返すだけという販売する側から見るとメリットだらけの仕入れ方法に思えます。

しかし製造元や販売元、問屋などから見れば売れるまでの期間、預けた商品のコストが保留状態になり、売れなかった商品は返品されてしまうなどデメリットが目立つ販売方法とも言えます。そのため買取で卸すときよりも掛率を高く設定することが多いようです。

仕入れ先からの直送

お客様から注文が入った時点で製造元や販売元、問屋などの仕入れ先に注文データを送り、仕入れ先からお客様に直接商品を発送する方法が仕入れ先からの直送です。

仕入れ先からの直送ではショップは商品に触れることなく伝票上のやり取りだけで仕入れ業務を行うことになります。そのため仕入れ先からの直送だけで全てを行えば、自分の店で在庫を一切持たず、発送もすることなく、受けた注文を仕入れ先に流すだけの作業だけでネットショップを運営することも可能です。

仕入れ先からの直送は消化仕入れと同様に、仕入れ先側が在庫リスクを持つことになります。そのため買取で卸すときよりも掛率を高くしていることがほとんどです。近年は無店舗、無在庫で仕入れ先からの直送のみで運営しているネットショップが増えているようです。

Sponsored Link

価格差に注目した仕入れ方法もある

せどり』という方法で利益を上げることができます。例えば街中の古書店で100円で買ってきた古本をヤフオクやアマゾンで300円で売ることができれば200円の儲けが出ます。

極論から言えば通常の買取仕入れもせどりも、仕入れと販売の差額で利益を発生させることには変わりありませんが、中古市場などに流通している既販売品を仕入れて転売することをせどりと呼んでいます。

せどりの仕入れ先は国内だけでなく海外から行うこともあります。為替の動向や国内との価格差を利用して利益を上げます。通常の買取仕入れでは同じ商品なら、だいたい掛率が決まっているので、どこの仕入れ先から買っても同じような仕入れ価格になります。

しかしせどりの場合は同じ商品を仕入れても購入先により値付けがバラバラなので見極め力を要求されます。もちろん売るときの値付けについても同様です。

せどりを成功させるにはあらゆる商品の価格動向を把握する必要がありますが、仕入れや販売に関しての管理プログラムソフトを駆使している人もいます。簡単そうに見えるせどりですが、継続的に稼ぐのは難しそうです。

Sponsored Link

この記事のライター:ネットショップ立ち上げ経験豊富:nao

ネットショップを開業するときには仕入れ資金の確保が問題になります。しかし仕入れ方法を工夫することで在庫金額を少なくすることも可能です。仕入れには様々な方法がありますので、枠にとらわれないであらゆる方向からアプローチしてみましょう。

ネットショップ立ち上げ経験豊富:naoさんの記事はこちら