ネットショップを作る場所(おすすめの開業サービス比較)

ネットショップを作る場所(おすすめの開業サービス比較)

おすすめのネットショップ開業ASPサービス

カラーミーショップ



カラーミーショップ

初心者が初めてのネットショップ開業なら間違いなくココ。30日間の無料お試し期間が付きで月額900円~。将来本格的にネットショップを運営する場合でも十分対応できます。コストパフォーマンスNo.1

ショップサーブ


ショップサーブ

最初から本格的に開業したいならココ。一見すると費用が高く感じますが、実はネットショップに必要な機能が標準装備。本気のネットショップ開業にオススメします。必要なことが全て揃っているサービスNo.1

MakeShop



MakeShop

超高機能でサポートもバッチリ。SEO対策が簡単にできて集客力も最高レベル。15日間の無料お試し期間あり。Yahoo!ショッピングや価格.comなどの大手サイトにも無料で商品掲載可能。安心度No.1

ネットショップを開業するのはモールか独自ドメインか

ネットショップをどこで作るか、どういう形態で作るかという選択肢は様々あります。

  • 一からタグを打ち込んで構築する方法(超難しい)
  • 自分のブログやサイトなどで商品を紹介しながらショッピングカートだけ借りる方法
  • ネットショップ開業ソフトを使って作る(ホームページビルダーなど)
  • 大手モール(楽天やヤフーショッピングなど)に申し込む方法
  • 独自ドメインでネットショップ開業サービスASPを使う方法

他にも作り方だけを考えたらたくさんあります。

初めてのネットショップを作ろうとしているのであれば現実的に考えて、

  • 大手モール(楽天やヤフーショッピングなど)に申し込む方法
  • 独自ドメインでネットショップ開業サービスASPを使う方法

この2つから選んだ方が良いでしょう。他の方法はそもそも難しかったり特殊なショップ運営になってしまうからです。それぞれのメリット・デメリットを比較してみましょう。

大手モール(楽天やヤフーショッピングなど)に申し込む方法

メリット

  • モールの担当者から様々なアドバイスを受けることができる
  • 集客力が凄い
  • お客様から見た場合独自ドメインのショップよりも信頼度が高い
  • 決済手段が多数用意されている

デメリット

  • モールに支払う経費が高い
  • ライバルショップとの価格競争に晒される傾向がある
  • レイアウトに制限がある

独自ドメインでネットショップ開業サービスASPを使う方法

カラーミーショップショップサーブMakeShopなどで開業する方法のことです

メリット

  • 経費が安い
  • 基本的にレイアウトは自由
  • ASPの提携サービスなどが利用できる(配送や決済や梱包資材など)

デメリット

  • 集客は一から自分でやらなければならない
  • お客様からの信頼度が低い

Sponsored Link

初めてのネットショップの開業はどこを利用した方が良いか

利益率が低い商材を扱う場合、モールで勝負するのは厳しい

大手モールで運営していく場合、毎月出店料を支払うだけではなく、決済サービス手数料、売上課金、アフィリエイト料、ポイント料など様々な名目で支払いが発生します。

仮に扱う商材の利益率が15%ぐらいだった場合は、どれだけ売れても最終的な利益はゼロなんていうこともあります。およそ最低30%以上の利益が見込める商材ではないと大手モールでの開業はやめた方がいいでしょう。

結局どっちでネットショップを開業した方がいいの?

こればかりは、それぞれの開業資金、扱う商材、本気度、最終目標(いくら稼ぎたいか)など様々なことを考慮してからではないと答えようがありません。

おすすめするのは、最初はカラーミーショップなどのASPで開業してノウハウを学んで、ある程度軌道に乗ってからモールへ出店するという流れが、失敗したときのダメージも少なくて済むかなと思います。

ただ、最初からモールで開業して大成功している人もいるので一概に言えません。

大きく稼ぎたいのであれば、ASPで開業した独自ドメインのショップ、大手モール、ヤフオク、Amazonなどを並行して利用するなど様々な販売経路を検討してみた方が大きく売り上げることができます。

Sponsored Link

この記事のライター:苦労して学ぶネットショップ開業運営:管理人

初めてのネットショップ開業であればカラーミーショップをおすすめします。ランニングコストが安くて初心者にも使いやすくなっています。カラーミーショップで開業してネットショップの経営に慣れてきたら他の開業サービスを検討してみるのが王道ですね。

苦労して学ぶネットショップ開業運営:管理人の記事はこちら