ネットショップの屋号で銀行口座を開設する

ネットショップの屋号で銀行口座を開設する

おすすめのネットショップ開業ASPサービス



カラーミーショップ



カラーミーショップ

初心者が初めてのネットショップ開業なら間違いなくココ。30日間の無料お試し期間が付きで月額900円~。将来本格的にネットショップを運営する場合でも十分対応できます。コストパフォーマンスNo.1


ショップサーブ


ショップサーブ

最初から本格的に開業したいならココ。一見すると費用が高く感じますが、実はネットショップに必要な機能が標準装備。本気のネットショップ開業にオススメします。必要なことが全て揃っているサービスNo.1


MakeShop



MakeShop

超高機能でサポートもバッチリ。SEO対策が簡単にできて集客力も最高レベル。15日間の無料お試し期間あり。Yahoo!ショッピングや価格.comなどの大手サイトにも無料で商品掲載可能。安心度No.1

ネットショップ専用の銀行口座を開設する

ネットショップを開業するときに、まず手続きしたいのが銀行などの金融機関口座の開設です。

個人口座をそのまま使うこともできますが、売上・仕入れなどの入出金、消耗品や配送業者などに支払う経費、家賃など頻繁にお金が動くために個人で使用したお金なのか、ネットショップのお金なのか区別が困難になってしまいます。

経理の上で大切なことは事業資金とプライベート資金をはっきり分けることなので、ネットショップ専用の銀行口座開設はなるべく早く行いましょう。

また近年は個人名の銀行口座が振込先となっているネットショップは、詐欺の可能性があると警戒するお客様が多くいるので、可能な限りネットショップ専用の銀行口座を開設しておきたいところです。

ネットショップの屋号で銀行口座を開設するには

ネットショップが法人の場合には法人名義で口座を開設することができます。しかし個人事業でのネットショップの場合は法人口座ではなく、『屋号+個人事業主の氏名』が通帳名義となる屋号付きの口座になります。

屋号付きの口座をネットショップ振込先に表記する際は、屋号と事業主氏名を記入することになります。もし個人名を出したくない場合には、屋号を商業登記することで屋号名義の口座を開設できることがあります。もし望むのであれば銀行に問い合わせてみましょう(法務局で商業登記する手数料が必要です)。

Sponsored Link

屋号付き口座を開設できる銀行とは

屋号付き口座を開設できる銀行は、

・みずほ銀行
・三菱東京UFJ銀行
・三井住友銀行
・りそな銀行

以上の4大都市銀行の他に、地方銀行や信用金庫・信用組合でも開設することができます。

ネット銀行でも屋号付き口座を開設することが可能です。『楽天銀行』や『ジャパンネット銀行』にビジネス専用口座が用意されています。

ゆうちょ銀行では屋号付き口座を開設できるのか

ゆうちょ銀行の場合は振替口座のみで屋号口座開設することができます。なお、振替口座には通帳がありません。入出金明細や残高確認は、取引が発生する度に郵送されてくる振替受払通知票または振替受払通知票Web照会サービスにて確認します。

金融機関で屋号付き口座を開設するときには『個人事業の開業届出書』の控えが必要となります。税務署に個人事業の開業届を提出するときには必ず控えをもらっておきましょう。

Sponsored Link

この記事のライター:ネットショップ立ち上げ経験豊富:nao

ネットショップの口座はネット銀行だけあればいいと思いがちですが、将来事業拡大を考えていたり融資を受けたいと思っているのなら、地元の銀行に口座開設をして取引実績を作っておいたほうが良いでしょう。大銀行より地方銀行の方が個人事業主に対して柔軟に相談を受け付けてもらえます。

ネットショップ立ち上げ経験豊富:naoさんの記事はこちら