ネットショップでペット(動物)を販売するときの免許・許可

ネットショップでペット(動物)を販売するときの免許・許可

おすすめのネットショップ開業ASPサービス



カラーミーショップ



カラーミーショップ

初心者が初めてのネットショップ開業なら間違いなくココ。30日間の無料お試し期間が付きで月額900円~。将来本格的にネットショップを運営する場合でも十分対応できます。コストパフォーマンスNo.1


ショップサーブ


ショップサーブ

最初から本格的に開業したいならココ。一見すると費用が高く感じますが、実はネットショップに必要な機能が標準装備。本気のネットショップ開業にオススメします。必要なことが全て揃っているサービスNo.1


MakeShop



MakeShop

超高機能でサポートもバッチリ。SEO対策が簡単にできて集客力も最高レベル。15日間の無料お試し期間あり。Yahoo!ショッピングや価格.comなどの大手サイトにも無料で商品掲載可能。安心度No.1

ネットショップでペットや動物を販売するときには動物取扱業の届け出が必要

インターネットを介してネットショップなどでペット動物を売る業者が増えてきました。ところが動物を扱ったり販売することは誰でもできるわけではなく、動物取扱業の届け出をして登録申請をしなければなりません。

※魚類や昆虫類の販売は届け出不要です。

動物取扱業とは

2006年6月から動物愛護法の改正により、動物取扱業が届け出制から登録制に移行しています。悪質な業者については登録や更新の拒否、取消し及び業務停止の命令措置がとられます。登録動物取扱業者は氏名や登録番号を記した標識を掲示することが義務付けられています。

動物取扱業とは一定以上の頻度や取扱量を有償・無償を問わず事業者の営利目的のために動物を扱う業者のことです。ただし畜産農業に関連した動物や、実験目的などに飼養・繁殖・生産される動物を除きます。

動物取扱業の例

動物・ペットの販売

ペットショップなどの動物販売業、販売を目的とした動物の繁殖や輸出入をする事業、動物の卸売業、インターネットによる販売などの施設を持たない通信販売業

動物・ペットの保管

ペットホテル、ペットシッター、ペットの美容業(一時預かりも含む)

動物・ペットの貸出

動物レンタル、撮影や繁殖用の貸出・派遣業

動物・ペットの訓練

動物の訓練や調教、出張訓練業

動物・ペットの展示

動物園や水族館、サーカス、乗馬施設、アニマルセラピー業など

動物取扱業の登録申請

動物取扱業の登録申請はネットショップがある所在地の都道府県知事に届け出をします。

登録申請に必要な書類

  • 動物取扱業登録申請書(販売業や貸出業の場合は動物取扱業の実施方法の書類が必要)
  • 登記事項証明書(法人のみ)
  • 申請者及び動物取扱責任者を示す書類
  • 飼養施設の平面図
  • 飼養施設周辺の見取り図
  • 申請手数料1業種につき15,000円

動物取扱業の登録の有効期限は5年間です。更新する場合には更新手数料7,500円が必要です。

Sponsored Link

動物取扱責任者の選任が必要

動物取扱業の事業所ごとに動物取扱責任者の選任が義務付けられています。動物取扱責任者は都道府県知事などが行う研修会を年1回以上、受講しなければなりません。

動物取扱責任者の条件

  • 常勤者であること
  • 半年以上の実務経験、専門学校の卒業者、獣医師や公認訓練士などの有資格者

ペットブームに乗じてネットショップで動物を扱う業者が増えていますが、生体を扱うだけに細心の注意が必要です。なお、犬や猫など環境省令で定められている動物は対面でしか販売できず、非対面であるネットショップでは取扱うことはできません。

Sponsored Link

この記事のライター:ネットショップ立ち上げ経験豊富:nao

生体を扱う事業は命を扱うだけにシビアかつ慎重に行わなければなりません。ブームだから儲かりそうなどといった安易な気持ちではやっていけない業種であることを理解しておきましょう。なおペットフードやペット用品の販売については規制や規則はありません。

ネットショップ立ち上げ経験豊富:naoさんの記事はこちら