ネットショップが飽和状態で今から開業して儲かるのか

ネットショップが飽和状態で今から開業して儲かるのか

おすすめのネットショップ開業ASPサービス



カラーミーショップ



カラーミーショップ

初心者が初めてのネットショップ開業なら間違いなくココ。30日間の無料お試し期間が付きで月額900円~。将来本格的にネットショップを運営する場合でも十分対応できます。コストパフォーマンスNo.1


ショップサーブ


ショップサーブ

最初から本格的に開業したいならココ。一見すると費用が高く感じますが、実はネットショップに必要な機能が標準装備。本気のネットショップ開業にオススメします。必要なことが全て揃っているサービスNo.1


MakeShop



MakeShop

超高機能でサポートもバッチリ。SEO対策が簡単にできて集客力も最高レベル。15日間の無料お試し期間あり。Yahoo!ショッピングや価格.comなどの大手サイトにも無料で商品掲載可能。安心度No.1

ネットショッピング全盛の時代に新規参入して勝機があるのか

老若男女、誰もがネットショッピングする時代です。利用者の多様化に伴って、新たに参入するネットショップも増加中ですが、同時に撤退していくネットショップが増えているのも事実です。

ネットショッピング全盛のこの時代に、新規でネット販売を立ち上げて、成功できる方法があるのか考えてみましょう。

ネットショップの時代背景を振り返る

日本で最初のウェブページが誕生したのは1992年です。本格的にインターネットが普及し始めたのが90年代後半からで、このころからネット販売をするショップが出始めます。しかしまだネット販売そのものを知らない人が多数を占めていたので、ネットショップ利用者は限定的です。

このころにネットショップを開業した人や企業は、先見の明があるといっていいでしょう。ネットショップ利用者が限定的であっても、ネットショップ自体の数が極めて少なかったために顧客を独占できたからです。

ネット販売創成期に立ち上げたネットショップの中には、着実に成長していき大規模展開するまでに発展したところがいくつもあります。やはり何をするにも流行が起こる前に仕掛けて、基盤を構築しておくことが成功の秘訣なようです。

2000年代前半の専門知識や技術を持つ人だけが開業できる時代を経て、2010年以降から現代にかけてのネット販売は飽和状態に移行しています。

今はネット検索するだけで、どんなレア商品でも簡単に見つかります。むしろネット販売で手に入らないものを探すほうが難しいかもしれません。

ネットショップの開業方法もネット検索だけですべて知ることができます。新規事業立ち上げの難易度という点ではネットショップ開業が一番低いかもしれません。

ネットショップを開業すれば売れる時代は、とうの昔に過ぎ去りました。他人と同じことをしていたら生き残れず、他にはない何かを持つことが求められる時代に突入しています。

Sponsored Link

ネットショップの飽和状態に勝機を見いだす方法とは

今の時代にネットショップを開業するにはカラーミーショップなどのASPを利用すれば、誰でもすぐに始めることができます。しかしいまだに古い知識を活用して行動を起こす人は、旧態依然とした方法で開業してしまい、浮上することなく波にのまれて消えていきます。

今は新しい情報を受け入れて、対応できる人が生き残れる時代です。経験則も必要ですが、それ以上に新鮮で価値のある情報を取り入れることが重要です。

実はまだ飽和状態でないEC市場

ネットショップを始めとしたEC(電子商取引)市場は飽和状態といわれています。たしかにこれだけECが普及した現在で、新規にネットショップを開業することが正解なのか悩むのも無理がありません。

ところが年々増えるネットショップよりもネット販売を利用する人の増加のほうが上回る傾向が続き、これから参入しても充分に勝機があるといえるデータが存在します。

ネットショップが飽和状態で今から開業して儲かるのか
出典:野村総合研究所 2021年度までのICT・メディア市場の規模とトレンドを展望

野村総合研究所が2015年11月に発表した 「2021年度までのICT・メディア市場の規模とトレンドを展望」 によると、国内B2C EC(企業と消費者間の電子商取引) 市場は、2014年度の12.6兆円から2021年度には倍増し、25.6兆円に達する見込みと予測しています。

今までネットに無縁であった高齢者がネットショッピングを利用し始めたり、スマホの普及に伴い時間や場所を問わずに気軽にネットショッピングを楽しめる環境が市場を後押ししているようです。

コンビニ市場は約10.2兆円、スーパーマーケット市場は約13.2兆円といわれていて、それぞれ飽和状態であるようです。しかしネットショップ市場は、まだまだ成長の余地が残されているので、今からネットショップを開業しても勝機は充分にあります。

Sponsored Link

この記事のライター:ネットショップ立ち上げ経験豊富:nao

昨今の問題である高齢者が引き起こす重大事故に伴う運転免許返納などのニュースからも、今後はさらにネットショッピング利用者が増加する見込みがあることが読み取れます。要はやり方次第です。まだまだ儲かるチャンスはたくさん落ちています。

ネットショップ立ち上げ経験豊富:naoさんの記事はこちら