代金後払い発送で未払い客への対応方法【ネットショップ】

代金後払い発送で未払い客への対応方法【ネットショップ】

おすすめのネットショップ開業ASPサービス



カラーミーショップ



カラーミーショップ

初心者が初めてのネットショップ開業なら間違いなくココ。30日間の無料お試し期間が付きで月額900円~。将来本格的にネットショップを運営する場合でも十分対応できます。コストパフォーマンスNo.1


ショップサーブ


ショップサーブ

最初から本格的に開業したいならココ。一見すると費用が高く感じますが、実はネットショップに必要な機能が標準装備。本気のネットショップ開業にオススメします。必要なことが全て揃っているサービスNo.1


MakeShop



MakeShop

超高機能でサポートもバッチリ。SEO対策が簡単にできて集客力も最高レベル。15日間の無料お試し期間あり。Yahoo!ショッピングや価格.comなどの大手サイトにも無料で商品掲載可能。安心度No.1

意外と多い代金未払いトラブルに対処する方法

ネットショップを運営していると様々なトラブルに遭遇しますが、意外に多いのが代金を払ってもらえない未払い客の存在です。先払い発送や代金引換発送の場合は、商品代金が未回収になる心配はありません。しかし後払い発送の場合には、商品を既に渡しているので代金を回収できないとショップ側が丸々損害を被ってしまいます。

お客様が代金を支払わない理由としては、

  • ついうっかり支払いを忘れていた
  • 他のものと一緒に振込・振替を済ませていたと思い込んでいた
  • 振込や振替先が分からなかった
  • 支払う意志が無い

など様々ありますが、問題になるのは『支払う意志が無い』相手への対処です。

Sponsored Link

未払い客への督促方法【代金回収】

支払う意志が無い未払い客には毅然とした態度で対処する

1.まずは催促メールを送る

入金指定日までに支払いが確認できないときには、まず催促メールを送ってみましょう。この段階では柔らかい言い回しで入金忘れを思い出させるような内容にします。

催促メールの一例
〇〇様
****ネットショップの●●です。

先日は当店の△△△をお買い上げいただき誠にありがとうございました。
しかしながら支払期限日である〇月〇日現在、入金の確認がまだできておりません。
もしかしたらお支払いをお忘れではないでしょうか?
お忘れのようでしたら〇月〇日までにお支払いいただきますようお願いいたします。

万が一、〇月〇日までにお支払いが困難な場合には下記メールアドレス宛てまたはお電話にてご連絡いただくようお願いいたします。

〇〇〇@〇〇.jp
TEL 000-0000-0000

****ネットショップ●●宛てにてお願いいたします。

念のため請求内容を再送させていただきます。
=======================================
商品名:△△△ 数量1ヶ
小計:〇〇円(税込)
送料:サービス
合計:〇〇円(税込)

請求金額: 〇〇円
口座番号:日本銀行東京支店 普通口座×××××× 
名義人:****ネットショップ●●
お支払い期限:〇月〇日
=======================================

なお、本メールと入れ違いにお支払いいただいていた場合にはお許しください。

2.それでも支払いが無いときには電話を掛けてみる

『ついうっかり支払いを忘れていた』『他のものと一緒に振込・振替を済ませていたと思い込んでいた』『振込や振替先が分からなかった』このような理由での未払いの場合には、催促メールを送ることでほとんどのお客様が支払いに応じてくれます。

しかし中には返事も入金も無いケースがあるので、そのようなときには電話を掛けてみます。電話なら直接相手と話すことで『うっかり支払いを忘れていた』か『支払う意志が無い』のか感じることができます。この電話でも催促メールと同様に威圧的な態度をとらないようにして、丁寧に話しながら支払いを促してみましょう。

3.支払いが確認できなければ内容証明郵便を送る連絡をする

電話で直接話したにも関わらず支払い確認ができないときには『支払う意志が無い』と判断するしかありません。

この場合は相手に再度電話を掛け、『法的な手段に出る準備があること』や『〇月〇日までに入金確認できなければ内容証明郵便を送る』ことを伝えましょう。ほとんどの場合この電話の後に入金があることがほとんどですが、中には未払いを押し通すケースもあります。

4.相手が未払いを押し通してきたら内容証明郵便を送る

内容証明郵便とは、

  • 郵便を相手に届けた事実の証明
  • 郵便の内容の証明

をしてくれる郵便のことで、もし裁判になった場合には証拠になるし、相手に心理的な威圧感を与えることができます。

ここまで来ても支払いが無い場合は、金額が小さければ諦めるのが現実的でしょう。もちろんその相手とは今後一切取引をするべきではありません。

腹に据えかねるからといって少額訴訟や裁判などを検討するネットショップ経営者もいますが、ネットショップの運営にはこういったこともあると割りきって前に進むのがスマートな経営の考え方です。

代金後払い発送は先に商品をお届けすることでお客様に安心感を与えますが、ネットショップ側には大きなリスクがある決済方法であると言えます。

先払いなら振込・振替手数料無料や3,000円以上の注文は先払いのみ対応するなどして、未払いによる損失をできるだけ軽減するよう工夫しましょう。そして『お支払いは商品到着後〇日以内にお願いします』という表示をネットショップのホームページや発送メールなどにしっかりと明記するようにしてください。

Sponsored Link

この記事のライター:ネットショップ立ち上げ経験豊富:nao

決済方法が多いほどお客様からのニーズに沿うことができて注文を受けやすくなります。しかし代金後払い発送による未払いリスクは意外と高いことを理解しておくべきです。運悪く未払い客に遭遇したときは、まずは丁寧な態度で臨み、いざとなったら毅然とした態度で相手と接するようにしてください。

ネットショップ立ち上げ経験豊富:naoさんの記事はこちら