ネットショップ運営にはPL保険加入が必要なのか

ネットショップ運営にはPL保険加入が必要なのか

おすすめのネットショップ開業ASPサービス

カラーミーショップ



カラーミーショップ

初心者が初めてのネットショップ開業なら間違いなくココ。30日間の無料お試し期間が付きで月額900円~。将来本格的にネットショップを運営する場合でも十分対応できます。コストパフォーマンスNo.1

ショップサーブ


ショップサーブ

最初から本格的に開業したいならココ。一見すると費用が高く感じますが、実はネットショップに必要な機能が標準装備。本気のネットショップ開業にオススメします。必要なことが全て揃っているサービスNo.1

MakeShop



MakeShop

超高機能でサポートもバッチリ。SEO対策が簡単にできて集客力も最高レベル。15日間の無料お試し期間あり。Yahoo!ショッピングや価格.comなどの大手サイトにも無料で商品掲載可能。安心度No.1

ネットショップ運営上のPL保険加入に関する質問

苦労して学ぶネットショップ開業運営ブログQ

ネットショップもリスク回避のためにPL保険への加入が必要なのでしょうか?

 

苦労して学ぶネットショップ開業運営ブログA

販売する商品によっては、PL法上の責任を問われる可能性があるので加入を検討したいところです。

Sponsored Link

ネットショップの経営にPL保険が必要な場合も

販売する商品によってはPL保険加入を検討したい

ネットショップにはあらゆるリスク対策が必要ですが、PL保険への加入もそのひとつです。ただし全てのネットショップがPL保険加入をする必要はなく、特定の商品を扱う場合にはPL保険加入が必要となります。

PL保険とは
PL保険とは『生産物賠償責任保険』のことです。国内で製造・販売、または輸入した製品を販売したことにより発生した対人・対物事故の損害賠償責任を負担することになった場合に補償する保険です。PL保険は製造者だけでなく販売者も加入が可能です。

手作り品や加工品・輸入品の転売などにはPL保険加入が必要

国内で製造された製品を仕入れてネットショップで販売する場合には、製造業者が損害賠償責任を負担するので、ネットショップ側で新たにPL保険を用意する必要はありません。

しかし手作りの服や装飾品などをネットショップで販売して、対人・対物事故が発生した場合にはネットショップ側に損害賠償責任を問われるのでPL保険加入が必要となります。

海外から製品を輸入してネットショップで転売する場合にもPL保険加入が必要です。海外の製品、特に中国製品の製造業者に損害賠償責任を問うことは極めて難しく、輸入販売元が責任を問われることになります。

実際問題として信頼のおける製造業者なのかも分かりませんし(中国製は特に)、購入されたお客様もどのような使われ方をするか分かりません。もし死亡事故や深刻な物損事故が起こってしまったら、企業でもない限り補償することは到底不可能なはずです。万が一に備えてPL保険加入に加入しておきましょう。

保険料が心配なら商工会議所の制度を利用する

PL保険は業種や前年度の売上によって保険料が決定されます。気になるのはネットショップの売上に対する保険料の割合です。

もし売上が少なく保険料負担を減らしたいのであれば商工会議所の『中小企業PL保険制度』を利用することで保険料が安くなる可能性があります。

もちろん損保各社でもPL保険を取り扱っているので、複数の保険会社を比較して一番安い保険に加入するのもアリでしょう。

Sponsored Link

この記事のライター:ネットショップ立ち上げ経験豊富:nao

ネットショップ経営で怖いのは、損害賠償請求を起こされたときです。一発で今までの売上が飛ぶ可能性があるし、個人経営なら財産を持っていかれるかもしれません。ハンドメイド商品や輸入品などを販売しているのなら、PL保険加入で備えをしておいたほうが良さそうです。

ネットショップ立ち上げ経験豊富:naoさんの記事はこちら