ネットショップにアドセンス広告を貼るのは規約違反じゃない

ネットショップにアドセンス広告を貼るのは規約違反じゃない

おすすめのネットショップ開業ASPサービス



カラーミーショップ



カラーミーショップ

初心者が初めてのネットショップ開業なら間違いなくココ。30日間の無料お試し期間が付きで月額900円~。将来本格的にネットショップを運営する場合でも十分対応できます。コストパフォーマンスNo.1


ショップサーブ


ショップサーブ

最初から本格的に開業したいならココ。一見すると費用が高く感じますが、実はネットショップに必要な機能が標準装備。本気のネットショップ開業にオススメします。必要なことが全て揃っているサービスNo.1


MakeShop



MakeShop

超高機能でサポートもバッチリ。SEO対策が簡単にできて集客力も最高レベル。15日間の無料お試し期間あり。Yahoo!ショッピングや価格.comなどの大手サイトにも無料で商品掲載可能。安心度No.1

ネットショップにアドセンスを貼っても規約違反ではない

「自分のネットショップグーグルアドセンスの広告を貼ったら結構稼げるんじゃないか」と考えているネットショップの経営者は多いのではないでしょうか。

ネットショップにアドセンスの広告を貼ること自体は規約違反になりません。私はアドセンスの審査を受けるときに、自分のネットショップで合格しています。もし規約違反なら審査が通るはずがないですよね。

ただし、ネットショップの各ページにアドセンス広告を貼る場合、「低品質コンテンツ」に該当してしまわないように気をつけましょう。要するにネットショップの商品ページにアドセンスを貼る場合、ただ単に商品の画像だけが掲載されているような場合は「低品質コンテンツ」になってしまいますよということです。

商品ページの1つ1つが「コンテンツ」になるから広告を貼る許可をもらっているので、せめて商品説明を詳しく書かないとコンテンツとして認められません。

でも本当はネットショップにアドセンスは貼らない方がいい

ちょっと考えたらわかることですが、ネットショップにアドセンスを貼るということは、「自分の売り場に他店の広告を貼る」ということなので物販の業態としては通常ありえないことです。

ネットショップ経営の目的は「物を売ること」であって、「広告収入を得ること」ではないので当然ですね。

Sponsored Link

それでもネットショップにアドセンスを貼る場合

日頃からバンバン売れているネットショップであれば、アドセンスの広告は貼らない方が良いです。自分のネットショップで何か買ってもらうことに注力しましょう。

しかしあまり売れていないネットショップを持っているのであれば、アドセンス広告を貼って見るのも一つの収入源です。

ネットショップを1つしか運営していないのであればアドセンスを貼らずに売り上げを上げることに注力した方がいいですが、いくつかのネットショップを運営していて、その中であまり売り上げが伸びていないショップがあるならアドセンスを貼ってみたらいいと思います。

ただし、個別商品ページの説明文などを充実させて、入荷していないSOLDOUT(売り切れ)の商品ページもカタログ的に作成して全体的にコンテンツとして充実したネットショップにしないと意味がありません。

物は買ってくれないけどカタログ的な意味で見に来るお客様もいるので、そういう人に向けてアドセンスの広告を貼っているイメージです。

また、ネットショップ自体にはアドセンスを貼らなくても、公式ショップブログにアドセンスを貼ってみるのは良いかもしれません。

ただしショップブログに書く記事は、入荷情報とかキャンペーン情報だけじゃなく、扱っている商材の商品知識を深掘りしたり、読む人がコンテンツとして楽しめる記事を書くようにしましょう。

Sponsored Link

この記事のライター:苦労して学ぶネットショップ開業運営:管理人

基本的にネットショップへアドセンス広告を貼ることはおすすめしませんが、使い方次第で一つの収入源になり得ます。上手く使い分けるようにしましょう。

苦労して学ぶネットショップ開業運営:管理人の記事はこちら