「宅急便コンパクト」メール便代替サービス

「宅急便コンパクト」メール便代替サービス

おすすめのネットショップ開業ASPサービス



カラーミーショップ



カラーミーショップ

初心者が初めてのネットショップ開業なら間違いなくココ。30日間の無料お試し期間が付きで月額900円~。将来本格的にネットショップを運営する場合でも十分対応できます。コストパフォーマンスNo.1


ショップサーブ


ショップサーブ

最初から本格的に開業したいならココ。一見すると費用が高く感じますが、実はネットショップに必要な機能が標準装備。本気のネットショップ開業にオススメします。必要なことが全て揃っているサービスNo.1


MakeShop



MakeShop

超高機能でサポートもバッチリ。SEO対策が簡単にできて集客力も最高レベル。15日間の無料お試し期間あり。Yahoo!ショッピングや価格.comなどの大手サイトにも無料で商品掲載可能。安心度No.1

ヤマト運輸の新サービス「宅急便コンパクト」

ヤマト運輸のメール便が2015年3月31日でサービスを終了することは周知されていますが、その代替サービスについて発表されましたね。その名も「宅急便コンパクト」。

>新サービス「宅急便コンパクト」はネットで通販や個人間取引での雑貨や日用品の配送を想定し、箱型(25×20×5センチ)と薄型(34×25センチ)の2種類の専用ボックスを用意した。
>料金は最安659円(専用ボックス代65円含む)。

ネットショップの運営者としては、正直とても「代替サービス」とはいえないですよね。

ネットショップの商品を発送するときに、メール便を利用しているショップは結構多いかと思います。もちろん取り扱っている商材にもよりますが、小さくて薄い商品を送るときは送料が抑えられて便利でした。Amazonで書籍を扱っている古本屋さんなどもよく利用されています。

新サービスの具体的な内容を見ると、「メール便の代替」というよりは「60サイズより一回り小さい宅急便」といった印象です。

箱型(25×20×5センチ)薄型(34×25センチ)があるようですが、薄型の方は日本郵便のレターパックライト(360円)やレターパックプラス(510円)の方が速くて安いような気がします。

最安659円とのことですが、「宅急便コンパクト」今後利用するのかを検討するまでに至らない感じがします。(3つの割引サービスをフル活用すると419円までは下げられるようです)

メール便の代替サービスが近いうちに発表されると言われていましたが、多少値上がりはするだろうけどせいぜい300円までかなと勝手に思っていましたので、この内容には驚きました。

Sponsored Link

クリックポスト(日本郵便)が主流になるか

メール便の代替サービスが「使えない」となると、これまでメール便で発送していた荷物は日本郵便の「クリックポスト」に流れていくでしょう。

メール便は厚さ制限が最大2センチでしたが、そもそもクリックポストは3センチです。

追跡サービスもあるし、思っていたよりも日数がかからないようです。クリックポストは2014年6月から開始したサービスなので、まだあまり認知されていませんが、164円という料金と厚さ3センチまでということで人気が出ています。オークションの商品発送でも利用されているのをよく見かけます。

私が運営しているネットショップでは、クリックポストのサービス開始から既に移行しています。これまでメール便で対応していたショップも2015年4月からは移行するでしょう。

ただ、ここで懸念することがあって、日本郵便がクリックポストの価格を上げてくるのではないかということです。

メール便に対抗する形で始めたようなサービスなので、メール便の代替サービス内容を見るととてもライバルになりえないので、多少クリックポストの価格を上げても客は利用するだろうとならないでしょうか。

300円ぐらいまで上げてもライバルはほとんど存在せず、レターパックライト(360円)やレターパックプラス(510円)とのラインナップで新しい価格を設定してくる可能性はありますね。

また、個人事業主や法人向けとして、「ネコポス」というサービスも同時に始まるようです。現時点で詳細はわかりませんが、宅急便コンパクトの内容を見る限り期待できる程の内容にはならなさそうですね。

ネットショップの運営で「配送」の問題は死活問題です。配送に関するニュースがあった場合はまたお知らせいたします。

Sponsored Link

この記事のライター:苦労して学ぶネットショップ開業運営:管理人

今後も新サービスが続々と出てくるはずなので、自分のネットショップに合った配送方法を選びましょう。しかしあまりコロコロ変更したらお客様が混乱しますよ。

苦労して学ぶネットショップ開業運営:管理人の記事はこちら