ネットショップSEO対策の基本

ネットショップSEO対策の基本

おすすめのネットショップ開業ASPサービス

カラーミーショップ



カラーミーショップ

初心者が初めてのネットショップ開業なら間違いなくココ。30日間の無料お試し期間が付きで月額900円~。将来本格的にネットショップを運営する場合でも十分対応できます。コストパフォーマンスNo.1

ショップサーブ


ショップサーブ

最初から本格的に開業したいならココ。一見すると費用が高く感じますが、実はネットショップに必要な機能が標準装備。本気のネットショップ開業にオススメします。必要なことが全て揃っているサービスNo.1

MakeShop



MakeShop

超高機能でサポートもバッチリ。SEO対策が簡単にできて集客力も最高レベル。15日間の無料お試し期間あり。Yahoo!ショッピングや価格.comなどの大手サイトにも無料で商品掲載可能。安心度No.1

Yahoo!とGoogleの検索結果がほとんど

SEOとはSearch Engine Optimizationの略で、要するに検索エンジンの検索結果に自分のネットショップが上位に表示されるように対策するということです。

例えばフランスから輸入した文房具を扱っている場合に検索エンジンで、

「フランス 文房具」「日本未発売 文房具」「海外の珍しい文房具」

などのキーワードで誰かが検索した場合、極端な話検索結果で一番に表示されたらバンバン売れるわけです。

逆に検索エンジンになかなかヒットしないネットショップはいつまで経っても見つけてもらえずほとんど売れないショップのまま過ごすことになります。

日本人が使う検索エンジンの90%以上はYahoo!とGoogleの2社で占められているというデータがあるので、この2つにできるだけ上位表示されるように工夫する必要があります。

Sponsored Link

自分のネットショップがインデックスされているか確認しましょう

検索エンジンに登録されることを「インデックスされる」といいます。

既にネットショップを立ち上げている人は自分のショップがどれぐらいインデックスされているか確認する方法があります。

Googleで「site:http://netshop-operation.biz/」のように「site:」の後に自分のショップのアドレスを入力してみましょう。検索結果に◯◯件と表示されるので、その件数分のページがインデックスされていることになります。

ショップのページを更新したらすぐに反映されるわけではなく、場合によっては1周間~2週間、それ以上かかることもありますし、なぜかなかなかインデックスされないこともあります。

Googleのウェブマスターツールという機能を使えばインデックスされやすくなります。

ウェブマスターツールの使い方については若干ややこしいので別の記事で改めて解説しますが、ここではそういった機能があることを認識しておいてください。早く使いたい人は、「ウェブマスターツール 使い方」などで検索してみると様々な情報が出てきます。

SEO対策に100点の正解は無い

SEO対策というのは「これをやったら必ず検索結果が上がる」という正解が基本的にありません。検索エンジンで上位になる方法をYahoo!やGoogleが公開していないからです。

正解が無いから何もしないというわけではなく、効果的だと思われる方法はいくつもありますので一つずつ意識してショップ運営をしましょう。知っていると知らないではネットショップの売り上げは大違いですよ。

Sponsored Link

この記事のライター:苦労して学ぶネットショップ開業運営:管理人

少なくとも同レベルのライバルネットショップよりは上位表示したいところです。SEO対策も重要ですが、ネットショップ自体が流行れば自然と検索結果が上位になることもあります。あまりSEO対策に懲りすぎず、ネットショップの運営自体を充実させるところから始めましょう。

苦労して学ぶネットショップ開業運営:管理人の記事はこちら