ネットショップのアクセス解析をして売上アップ

ネットショップのアクセス解析をして売上アップ

おすすめのネットショップ開業ASPサービス



カラーミーショップ



カラーミーショップ

初心者が初めてのネットショップ開業なら間違いなくココ。30日間の無料お試し期間が付きで月額900円~。将来本格的にネットショップを運営する場合でも十分対応できます。コストパフォーマンスNo.1


ショップサーブ


ショップサーブ

最初から本格的に開業したいならココ。一見すると費用が高く感じますが、実はネットショップに必要な機能が標準装備。本気のネットショップ開業にオススメします。必要なことが全て揃っているサービスNo.1


MakeShop



MakeShop

超高機能でサポートもバッチリ。SEO対策が簡単にできて集客力も最高レベル。15日間の無料お試し期間あり。Yahoo!ショッピングや価格.comなどの大手サイトにも無料で商品掲載可能。安心度No.1

ネットショップの売上が上がらない原因をアクセス解析で見つける

ネットショップをオープンしたものの、なかなか売上が伸びていかないことに悩んでいる方が多いようです。しかし闇雲に商品価格を値下げしたり、広告を展開したとしてもお金を無駄にしてしまったり、今まで買って頂いたお客様まで離れていってしまったら意味がないですよね。

ネットショップはアクセス解析により売上が上がらない理由が分かることがあるのでしっかりと分析してみましょう。

アクセス解析で注目すること

サイトへの訪問者数をチェック

ネットショップの生命線ともいえる最重要ポイントが訪問者数です。サイトへの訪問者数=訪れたお客さんの数ですから、日単位・週単位・月単位での訪問者数をしっかりとチェックし、把握しておきましょう。

コンバージョン率(成約率)を把握しておく

ネットショップ訪問者数と購入者数の割合であるコンバージョン率(成約率)を把握しておきましょう。一般的にサイトの分析や改善を行っていないネットショップのコンバージョン率は1~2%程度と言われています。これではネットショップとしての経営は厳しいのでコンバージョン率を上げていかなければなりません。

アクセス数は問題ないのか

訪問者数と共に重要なのがサイトへのアクセス数です。ネットショップの分析をしようにもアクセス数が少なければ充分なデータを確保できず、コンバージョン率を上げるための策を考えることもできません。

サイトへのアクセス数を増やすには商品ページの改善やバリエーションの追加、ネットショップブログの開設などが考えられますが、全てがアクセス数増加に結び付かなければ意味がありません。

もちろんSEO対策や広告によるアクセス数アップ狙いも有効手段です。

参考記事:ネットショップSEO対策の基本
参考記事:簡単にできるネットショップのSEO対策
参考記事:検索エンジンにネットショップの広告を出す

Sponsored Link

アクセス数がネットショップの売上に結び付かないときには

アクセス数が増加してもコンバージョン率(成約率)が上がらなければネットショップの経営が成り立ちません。もしあなたのネットショップが極端に売上が上がらないとしたら、サイト訪問者のニーズと販売している商品が合っていないことになります。

その場合にはまず各商品ページにおける平均滞在時間直帰率離脱率を調べてみましょう。滞在時間が短く、直帰率や離脱率が高ければサイト訪問者のニーズに合っていないことが明らかになります。

コンバージョン率が低い理由としては、商品価格の設定が適切ではないのかもしれません。同じような商品を販売しているライバルサイトや相場の調査をして、適正な価格なのかを調べてみましょう。

もし似たような(もしくは同一の)商品を販売している強力なライバルサイトがいるときには動向を徹底的に調査しましょう。価格や宣伝の仕方で対抗できるのか、それともセールを打つことでお客様を呼び込むことができるのかなどを検討することができます。

あなたは自分のネットショップサイトを客観的に見て魅力的だなと思いますか?もし自信がないのなら家族や友人などにサイトを見てもらい、意見をもらうことも大切です。必要ならば商品紹介や情報の改善、イメージの変更などを行いコンバージョン率が変化するのかを検証してみましょう。

ネットショップの売上を伸ばしていくにはサイト訪問者数・客単価・コンバージョン率を上げていくことが重要です。これらをしっかりと管理した上でアクセス解析によるサイトや宣伝方法の改善をしていき、売上アップに繋げていきましょう。

Sponsored Link

この記事のライター:ネットショップ立ち上げ経験豊富:nao

多くのネットショップが売上を伸ばすことができずに悩んでいますが、そのほとんどがアクセス解析やサイトの改善などの対策をせずに撤退に追い込まれていくのが現状です。ネットショップといえども立派なビジネスですので、それなりの営業努力をしていかなければ生き残ることは不可能です。

ネットショップ立ち上げ経験豊富:naoさんの記事はこちら